活性酸素を抑えるチカラ|身体の調子を整えるサプリの魅力に迫る

女性

病気の原因となる成分

フラワー

血管がボロボロになる

最近話題になることが多い活性酸素ですが、実は人間が病気にかかる原因の90パーセントが活性酸素なのです。残りの10パーセントは何かというと感染症なのです。なぜ体内で活性酸素が生まれるかというと、人間は呼吸によって酸素を体内に送り込みます。細胞はその酸素によって栄養素を分解し、エネルギーを作り出します。この過程で吸った酸素の2から3パーセントが活性酸素になってしまうのです。活性酸素の特徴は他の正常な酸素を攻撃して、次々に活性酸素にしてしまう点です。これによって連鎖的に体内で活性酸素が増えていくのです。そして血管を老化させてしまうのです。さらにコレステロールや中性脂肪までも酸化されてしまうので、血管が狭くなります。これにが脳梗塞や狭心症を発症させるのです。現在も活性酸素を減らす研究が行われていますが、今後の研究成果によって実際に発生を抑えることが可能になれば多くの病気を治療することが可能になります。

喫煙と酒とストレスが危険

人間の身体にとっては大敵である活性酸素ですが、日常生活を工夫することによって発生を抑えることはできます。人間の身体の中には防御システムが備わっているので、それを強めることで防ぐことができるのです。防御システムを強化するためには、タバコを控え、アルコールを取りすぎないことが必要です。これらの嗜好品は活性酸素を発生しやすくするのです。またストレスを溜めないように工夫することも大事です。その日のストレスはその日のうちに解消して、溜め込まないようにします。軽めの運動をすることも効果的ですが、激しい運動は逆効果になるので注意が必要です。食生活でもビタミンCやEが含まれているイチゴやトマト、大豆などを多く摂るように心がけるだけで予防になります。